ポンドは値動きが激しい?


市場においてポンドのシェアはドルやユーロと比べて落ちるところがあるために、ポンドは値動きが激しい通貨であるとされています。

取引量が少ないために、小さい金額の通貨に対するインパクトが強くなるわけです。


また、ポンドはチャートポイントに対する反応が率直であることを特徴としていて、あるポイントを抜けると市場参加者が一斉に同じ方向の売買を始めることも値動きの激しいひとつの要因であるといわれています。

そのようなことから、ポンドがからむ通貨ペアの取引は値動きが激しくデイトレードに向いていると指摘されています。


ただし、実際のところは値幅の割合とスプレッド幅の関係から見ると、割が良いのはドルと円のペアであるとされます。

それでも、単純に値動きが激しいことに注目すると、pipsで考えれば大きくなることも考えられますので、人によってはポンドの取引が向いているかもしれません。


簡単なものではなく、現実にはポンドは基本的によくわからない通貨であるともいわれています。

FX初心者の方もドルと円などを入り口とする場合が多く、動きをどちらかというと読みやすく比較的多くの方が取引しているドルと円、ユーロとドルなど、ドルにからんでスプレッドの低い通貨でデイトレードをして先を読むというスタイルが多いようです。

 

ポンドは値動きが激しい?

イギリス経済の状況

当サイトはFX取引の中でも人気取引、ポンド/円。そのポンド円のスプレッドが最小・最狭の業者をピックアップしてご紹介させて頂きました。 スプレッドはFX取引の中でも「第二の手数料」と言われています。ですので、コストがかさめばかさむほど利益も減るので、しっかりとスプレッドの小さいFX業者をチェックしてきましょう。

Copyright © 2009 ポンド円のスプレッドランキング· All Rights Reserved·