イギリス経済の状況


イギリスは国際的な枠組みにおいて、EUとG8に名前を連ねています。

国内総生産は、2008年で為替レートに換算すると世界第6位の数値となっています。


ヨーロッパ諸国においては第1位のドイツ、第2位のフランスに次ぐ三番目の経済規模となっています。

経済の中心となっているのはやはり首都であるロンドンで、世界の市場においてもニューヨークと並んで世界最大規模になる金融の中心となっています。


イギリスは正式名称が『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』であるように、4つの地域から構成されています。


ですから経済についても同様にイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという4つの地域から成り立っています。


実は近年においても、イギリスの経済は長い期間にわたって成長を続けてきました。

インフレ率や失業率といった数値も低い水準に落ち着いているという状況です。


その一方で、所得は不均衡であるということが指摘されています。

EUに加盟する諸国の中でも指標が高めになっています。


2005年はGDPの成長率が当初の予想を下回ることとなりました。

その要因としては原油の価格が上昇したことのほか住宅価格の値上がり傾向がゆるやかになったこと、個人の消費が落ち着いたことなどが挙げられています。


そんな状況の中で、2008年にはアメリカで端を発したサブプライムローンの影響を受けることとなりました。

金融不安はさらに増大し、戦後最大の下降局面に入ったということがいわれています。

 

ポンドは値動きが激しい?

イギリス経済の状況

当サイトはFX取引の中でも人気取引、ポンド/円。そのポンド円のスプレッドが最小・最狭の業者をピックアップしてご紹介させて頂きました。 スプレッドはFX取引の中でも「第二の手数料」と言われています。ですので、コストがかさめばかさむほど利益も減るので、しっかりとスプレッドの小さいFX業者をチェックしてきましょう。

Copyright © 2009 ポンド円のスプレッドランキング· All Rights Reserved·